オンライン英会話を活用したおすすめの英語勉強法

独学で英会話の勉強を始めるとすぐにぶつかる壁。それはアウトプットの機会が限られていること。通信講座やアプリなどを使って独学で英語を覚えても、ネイティブスピーカーと話す機会は限られていることが多いですよね。


そんな悩みを解決してくれるのがオンライン英会話です。オンライン英会話とはSkypeなどの通話無料のソフトを使って、インターネット上で受けられる英会話のレッスンのことです。好きな時間にレッスンを受けることができるため、気軽に会話の練習が継続的にできます。

 

日常英会話からTOEICコースまでコースもさまざま。さらに、多くの場合、英会話教室に通うよりも低コストで勉強することができます。


そうは言っても、初心者にとってオンライン英会話の仕組みはわからないことだらけ。本当に効果があるのか不安ですよね。ということでオンライン英会話の特長を紹介しながら、おすすめの勉強法をご紹介します。

 

 


1. 独学中の人にオンライン英会話をおすすめする理由

 独学中の人にオンライン英会話をおすすめする理由

 

英会話上達の秘訣は言うまでもなく、覚えた表現を何度も使ってみること。加えて学習を継続することです。この2点を強力にサポートしてくれるのがオンライン英会話です。

 

以下では、主要なオンライン英会話サービスを比較して見ていきます。

 


1-1. 幅広い時間帯のレッスンで受講しやすい

まずは、受講できる時間帯の比較。予約がどのタイミングまでできるか、同じ講師のレッスンが受けたい場合の対応について比較してみましょう。

 

サービス名 受講可能時間帯 予約可能時間 講師指定
レアジョブ英会話 6:00〜25:00 5分前 指定時間帯に対応可能であれば
Native Camp. 24時間 予約不要

時間指定で予約が必要

DMM英会話 24時間 15分前 時間指定で予約が必要
イーオンオンラインレッスン

平日12:00〜24:00

土曜10:00〜15:00

日曜20:00〜24:00

※おおよその時間

20分前

担任制と毎回講師を選ぶタイプとがある。担任制の場合は、曜日と時間をある程度固定する必要あり。

ECCオンラインレッスン

6:00〜26:00

プランによっては10:00〜18:00のみの指定あり
5分前

講師は毎回自由選択制。

曜日・時間帯が合えば、毎回同じ講師を選択することも可能。

 

おおむね早朝から深夜まで受講できるようになっています。予約も直前にすればよいので、毎日でも受講することが可能。仕事終わりや前の時間を有効に活用できる点は非常に魅力的ですね。

 

ただし、同じ先生のレッスンが受けたい場合は、あらかじめ講師の待機時間を確認しておく必要があります。講師のいる国によって、海外と日本との時差も関係してくるため、おおよその講師のスケジュール、待機時間を把握して予約することになります。


オンライン英会話は幅広い時間帯に受講可能なのは確かですが、講師を指名してレッスンを受けたいときには講師のスケジュールを確認して予約する必要があります。

 

「オンライン英会話はいつでも受講可能」とよく言われますが、指名することを希望する場合には、あらかじめ講師の待機時間を確認しましょう。

 


1-2. 英会話教室に通うよりも安い

一般的に安いと言われているオンライン英会話。でも、英会話教室に通うのと比べてレッスン時間が異なることが多く、教材費などレッスン以外の費用も含めると比較がしにくいのも事実。


レッスン料と教材や入学金などそのほかの料金を一通り比較してみましょう。今回比較したのは、1-1でピックアップしたオンライン英会話サービス5つとオリコン顧客満足度英会話スクールランキング上位5社。各サービス、会社で複数のコースを提供していることから、比較する際には「日常英会話コース」で、月額がもっとも安いコースを選んでいます。

 

<オンライン英会話>

サービス名 1ヶ月受講時間総計 月額レッスン料 レッスン料以外の経費
レアジョブ英会話

200分

(25分×8回)
4,200円 なし
Native Camp.

無制限

(25分×無制限)
6,480円

なし

DMM英会話

775分

(25分×31日毎日受講した場合)

6,480円

なし
イーオンオンラインレッスン

月額制ではない。ただし受講開始後の有効期限は3カ月

(20分×10回)

7,920円

※1ヶ月で3回受講すると仮定した場合

14,300円※3

※3 入学金5,500円

教材費8,800円

ECCオンラインレッスン

775分

(25分×31日毎日受講した場合)

8,866円

なし

 

サービスや会社によってレッスン回数はさまざまですが、おおよそ月額3,000円〜6,000円程度。ほかのオンライン英会話でも、どんなに高くても1万円以内に収まるのはほぼ確実です。


一方、英会話教室に通うと授業料だけでも1万円以上はかかります。


受講できる時間帯の広さ、コストの低さはオンライン英会話ならではの特長です。それゆえに、独学で英語を勉強している人にとって気軽に、かつ継続的にアウトプットの機会を作るうえで強力な味方になってくれます。

 

 

2. オンライン英会話を活用したおすすめの勉強法

 オンライン英会話を活用したおすすめの勉強法

 

オンライン英会話はざっくばらんに話すだけの時間ではありません。ほとんどの場合教材を使用してレッスンを受けます。ですので、今の学習に「スピーキングの時間が増える」と捉えるよりは、リスニング、リーディング、ライティングの学習時間がトータルで増える捉えたほうがいいです。


それくらい短時間のレッスンで学ぶことは多く、英会話だけの学習にとどまらない効果が期待できます。では、具体的にオンライン英会話の活用方法をご紹介します。

 


2-1. レッスンの予習・復習は必須

意外に思われるかもしれませんが、突然講師と向き合って楽しく会話ができる人はそういません。フリートークでさえも何を話すかある程度決めておいて、使いたい表現を自習しておくのがポイントです


さらに、前回までの復習と次回の予習をしておくことで、レッスンの効果をアップできます。まず、予習段階ではあらかじめ今日マスターすべきメインの表現を確認し、わからない単語や表現は辞書で調べておきましょう。


多くの場合、ダイアローグやメインの表現を使いながら講師とやりとりしますので、どのような会話がなされるかある程度予想できます。自分が使いたい単語や表現があればノートにメモをしておいて、レッスンの中で使いましょう。


レッスンが終わったら必ず復習をしましょう。マスターすべきメインの表現や単語の確認はもちろん、「こういう内容のことを言いたかった」という表現があれば調べてメモをしておいて、次回のレッスンで使うようにしましょう。また、レッスンで習ったことを使って英語の日記をつけるなどして、単語や表現を定着させるのもおすすめです。

 


2-2. ノートをとりながら受講する

英会話なのにノートをとるの? と思われたかもしれません。もちろん講師の顔を見て、実際の会話に近い状態でレッスンを受けるのは理想ですが、忘れないでほしいのはオンライン英会話で学んだことを、自習の中で復習できるようにしておくことです


新たに教わった表現や講師が訂正してくれた言い回しなどをすべて頭の中で覚えておくことは難しいです。必ずノートをとって、後で繰り返し口に出して練習できるようにしましょう。


また、会話の中でわからない表現や聞き取れなかった箇所があれば、遠慮なく聞いて、必要であれば綴りや発音もその場で講師に確認しましょう。講師とは必ずしもテンポよく会話する必要はありません。わからない表現をノートに書き留めるくらいの時間は必要な時間として捉えてください。

 


2-3. 学んだ表現を毎回意識的に会話に取り入れて使う

学んだ表現もしばらく使わないと忘れてしまいます。繰り返し声に出すのは、語学では当たり前です。おすすめは、前回までのレッスンで学んだ表現を使った英文をつくっておいて、次回以降に必ず使うこと


学んだ表現はどんどん増えていきますから、1回のレッスンでは使い切れなくなりますが、それでも意識的に「この表現を今回は使おう」と決めて過去のレッスンで学んだ表現を使うようにすると定着が早まります。


留学をしていると、日常生活の中で同じ表現に出くわすことが非常に多いので、自然と覚えてしまう表現がいくつもあります。しかし、日本国内ではなかなかそうもいかないので、覚えた表現を意識的に使い、講師との会話に登場させる工夫が必要なのです。

 

 


3. おすすめのオンライン英会話

 おすすめのオンライン英会話

 

自分にあったオンライン英会話を比較するのには無料の体験レッスンを受けるのが一番です。上記で比較したのはあくまでレッスン可能時間と価格のみ。
品質や講師が自分にあっているかどうかは人それぞれですが、ここからは具体的に、筆者が実際に受講してわかった、初心者おすすめのオンライン英会話をご紹介します。

 


3-1. アルクオンライン英会話

講師はネイティブスピーカー以外の方もいますが、事前に出身国・地域、日本語対応の可否が検索できて、しかも自己紹介ビデオがアップされていたので、初めてでも講師を選びやすいです。


教材のターゲット表現がわかりやすく、講師が区切りのいいところで本当に表現を使えるようになっているかをチェックしてくれます。最初は教材を見て発言しますが、だんだん教材を見なくてもメインの表現を使えるようにサポートしてくれます。


Skypeのメッセージ機能を使って、スペルや文法ミスなどをその場で教えてくれる点もありがたいポイント。メモとあわせて活用できます。

 


3-2. レアジョブ

講師はノンネイティブスピーカーのフィリピン人が多いですが、発音やイントネーションで聞き取りづらいということはなく、ネイティブスピーカーと引けを取らないレベルです。


フィリピンに限らずいろいろな国の話を聞いたり、受講者側から海外の話題で話を広げられるのもおもしろいポイントの1つです。

 

レアジョブは子どもからビジネスマン向けまでさまざまなコースがあり、カウンセリングが丁寧で、自分に合ったコースを提案してもらえます。カウンセリングは早めに受けることをおすすめします。というのも、コース・レベルが多いので自分に合うかどうかわからないまま受講する期間ができてしまうからです。

 

早めにカウンセリングを受けて、合うコースを見つけるのがポイントです。 


4. まとめ

まとめ

 

オンライン英会話は今まで独学で英語を勉強してきた人にこそ取り入れてほしい学習方法の一つ。受講可能な時間帯が長く、コスト面においても英会話学校に通うよりも継続しやすいのがポイントです。


オンライン英会話は単なる会話の練習と思わず、予習復習を欠かさず行うこと、そしてノートをとること、覚えた表現は繰り返し使うように意識してトレーニングすることで効果が期待できます。


英語を習得するために、ぜひオンライン英会話を活用してみてくださいね。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加