【これだけ覚えておけば失敗しない!】ビジネス英語すぐに使えるシーン別基本フレーズ20選

握手する画像

ビジネスの現場で、「これってどう英語で伝えればいいの?」「相手に失礼になっていない?」と不安に思うことはありませんか?ビジネス英語というと難しいイメージがあるかもしれませんが、実は意外と簡単な英語で失礼なく伝えられます

 

この記事を最後まで読んでいただければ、仕事がスムーズに運ぶこと間違いなし!これだけ覚えていれば失敗しないビジネス英語フレーズ20選をご紹介します。各フレーズのニュアンスやそれらを使うときの注意点なども、一緒に押さえておきましょう!

 

 

 


Contents

1.感謝を伝える!ビジネス英語フレーズ5選


ハートを手で包むイメージ画像

 

ビジネスに限らず日常生活においても、感謝を伝えることは良い人間関係を築くために非常に大事です。ただ、そんなとき、定番表現のThank you.ばかり使っていませんか?もちろんそれでも感謝の気持ちは伝わりますが、毎回Thank you.だけでは気持ちをしっかり伝えるには少し物足りない気もしますよね。

 

ここでは、ビジネスの場で相手に感謝を伝えるときに使える表現を5つ取り上げます。これらの表現さえ覚えておけば困らないですし、少し変えたりして応用することで感謝の気持ちをより強く相手に伝えることができます。

 

 

1. Thank you for your cooperation.「ご協力ありがとうございます」

Thank youは感謝を伝えるときの定番表現ですが、Thank you for 〜.とすると、何に関して感謝しているのかを具体的に示すことができるので、より丁寧なニュアンスになりますね。

ここでは、your cooperation「あなたの協力」という名詞句を使っていますが、Thank you for calling.「お電話いただきありがとうございます」のように、ing形(動名詞)を続けることもできます。

 

2. I really appreciate it.「大変感謝いたします」

appreciateを使うとフォーマルなニュアンスになるため、ビジネスの場においてこの表現はよく使われます。また、reallyを足すことで、さらに感謝の気持ちを強めることができます。

 

 

3. I’m grateful for your help.「お手伝いいただきありがとうございます」

このgratefulを使った表現はappreciateを使った表現と同様、非常に丁寧なニュアンスを含んでいます。また、この表現は会話よりもメールなどの文面で、より多く使われます。

 

 

4. I owe you one.「恩にきます」

相手のおかげで何かがうまくいったり助かったりしたときに、感謝を伝える表現です。owe A Bで「AにBを借りている」という意味なので、相手に対して「借りがある」という意味合いになります。いつか恩返ししたい、という気持ちを含ませて感謝を伝えるときに使うと良いでしょう。

 

 

5. I can’t thank you enough.「感謝しきれません」

こちらもかなり丁寧な表現です。「十分に感謝することができない」と言うことで、「感謝してもしきれない」というような強い気持ちを相手に伝えることができます。

 

 

 

2.謝罪を伝える!ビジネス英語フレーズ5選


英語で謝罪する画像

 

相手に迷惑をかけたり怒らせてしまったりしたとき、心から申し訳なく思う気持ちをしっかりと相手に伝えたい。そんなとき、言葉のチョイスで相手をさらに不快な気分にさせるようなことは避けたいですよね。

 

ここでは、ビジネスの場で使えるような丁寧な謝罪の表現を5つご紹介します。何か仕事でミスをしてしまったとしても、これらの表現を使って謝罪の気持ちを伝えることで、きっと相手との良い関係を維持することができるはずです。

 

 

1. I am so sorry for the inconvenience.「ご不便をおかけして誠に申し訳ございません」

謝るときによく使われるのがsorryですよね。sorryはフォーマルな場面でも使うことができ、so sorryのようにするとより丁寧になります。I am so sorry for being late.「遅れてしまい大変申し訳ございません」のように、forのあとにing形を続けることもできます。

 

 

2. I apologize for my mistake.「間違いをお詫びいたします」

apologizeを使うと、sorryよりも改まった響きになります。日本語で言う、「申し訳ございません」のようなニュアンスです。この例文は、こちらがミスをしてしまったときに使いましょう。

 

 

3. I’m afraid that they’re out of stock.「申し訳ございませんが、そちらは在庫を切らしています」

残念な気持ちや申し訳ない気持ちを伝えるときに使います。ミスなどによる謝罪でなくても、相手に言いにくい内容を伝えるときはI’m afraidを使うと良いでしょう。

 

 

4. I am willing to take full responsibility.「責任はすべてこちらでお引き受けします」

こちらで責任をすべてとるという意思を伝える表現です。責任の所在を明らかにすると、より相手に謝罪の気持ちが伝わりますよね。

 

 

5. I will ensure it won’t happen again.「同じことが二度と起こらないことをお約束します」

何かミスをして相手に迷惑をかけたときなどに、「二度と起こらないように以後気をつけます」という気持ちを伝える表現です。反省して次に生かそうとする姿勢が見えると好印象ですね。

 

 

 


3.初対面で使える!ビジネス英語フレーズ5選


海外の人と名刺交換する画像

 

ビジネスの場では特に、第一印象ってすごく大事ですよね。相手に最初に与える印象によって、「信頼してもらえるか」「一緒に仕事をしたいと思ってもらえるか」ということが決まってきます。

 

ここでは、初対面の相手に対して使える表現を5つご紹介します。これらの表現を使いこなして、初めて会う相手や初めて連絡をする相手に良い印象を与えられるようにしましょう。

 

 

1. I’m glad to meet you.「お会いできて嬉しいです」

「会えて嬉しい」と伝える王道の表現です。Nice to meet you.も問題なく使えますが、I’m glad to meet you.はより丁寧なニュアンスを含んでいます。

 

 

2. It’s a pleasure to meet you.「お会いできて光栄です」

こちらも、会えて嬉しいことを伝える表現ですが、さらに改まった印象を与えます。「お会いできて光栄です」といったニュアンスですね。

 

 

3. I’m sending this e-mail for the first time.「初めてメールをお送りさせていただきます」

メールで相手に初めて連絡をするときに使う表現です。書き出しの自己紹介の部分に添えておきましょう。

 

 

4. I was introduced to you by Mr. Saito.「斉藤さんにご紹介いただきました」

誰かの紹介を受けて相手と会う、もしくは連絡をするといった場合には、こちらの表現を使うことができます。byのあとに、紹介してくれた人物の名前を入れましょう。

 

 

5. I’m really looking forward to working with you.「あなた(たち)とお仕事させていただくことを楽しみにしております」

相手と仕事をするのを心待ちにしていることを伝える表現です。be looking forward to 〜で「〜を楽しみにしている」という意味ですが、reallyを足すとより強い気持ちを伝えられます。

 

 

4.相づちで使える!ビジネス英語フレーズ5選


英語で相づちを打つ画像

 

自分が話をするときに相手が相づちを打ってくれると、話しやすいですし、話していて良い気持ちになりますよね。相づちは「あなたの話をよく聞いていますよ」ということを伝えられるので、相手に良い印象を持ってもらうために非常に重要なテクニックと言えます。

 

ここでは、相づちで使える表現を5つご紹介します。実は相づち表現にもカジュアルすぎるものなどがあるので、ビジネスの場で使う場合はここで紹介するような丁寧な表現を使うようにしましょう。

 

 

1. I see.「なるほど」

相手の言うことを理解した、納得したというときに使える表現です。こちらは基本的に、自分が知らなかった内容を聞いたときに使います。

 

 

2. You’re right. / That’s true.「たしかに、その通りですね」

相手の意見に賛同するときに使う表現です。聞き手に共感してもらえると、話し手も安心しますよね。

 

 

3. That’s nice. / That’s great.「素晴らしいですね」

相手の提案や報告に対して、「それはいいですね」と肯定的な反応を示す際に使います。nicegreat以外に、amazingperfectgoodなども使うことができます。

 

 

4. That’s bad. / That’s terrible.「それは残念ですね」

話し手にとって良くないことが起こったなど、何か残念な話を聞いたときに、同情する気持ちを伝える表現です。

 

 

5. Is that so?「そうなんですか?」

「そうなんですか?」と相手の話への興味を示すことができます。関心を持っていることが伝われば、きっと相手も話しやすくなるはずです。

 

 

 


5.おわりに

 

いかがでしたか?今回はビジネスの場で絶対に失敗しないための英語フレーズをご紹介しました。

 

良い人間関係を築くために、

  • 感謝を伝えること
  • 迷惑をかけたら気持ちを込めて謝ること
  • 第一印象を良くすること
  • 相手の話を聞く姿勢を大切にすること

の4つは非常に大事なポイントになります。

 

ここでご紹介した表現を使えば、きっと相手に良い印象を持ってもらえるはずです。ぜひこれらの英語フレーズを使いこなして、仕事相手に信頼してもらえるような存在になりましょう

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加